自費出版の本を書店に置いてもらうとき

商店街にあった小さな書店はどんどん消えています。今はコンビニやインターネットで本を買う時代です。では本屋は全くなくなったかですがそうでもありません。巨大な本屋さんはどんどん出来ています。一般的な本から専門書まで数多く置かれています。その書店になくても在庫を探せば見つかるとも言われています。大きな本屋においても本を置くスペースは貴重です。売れない本は置きたくありません。自費出版で本を作成した場合これを書店に置いてもらうことができるかです。出版社が無名で本屋に売り込みをしてくれないようなところであれば自分で行うことになります。それでも難しいかもしれません。小さな本屋はもともと置くスペースが少ないからです。大きな出版社を通じて作成した場合はそのあたりのことも考慮して相談にのってくれます。大きな書店などにも働きかけて置いてもらうことがあります。

自費出版の本を図書館に置いてもらう

図書館は公共的な場所になります。国、都道府県、市区町村などが運営しているところになります。利用に関しては原則無料で、貸してもらうことも可能になっています。こちらにおいてはたくさんの人に読んで貰う機会が多いところになります。本を書いた人としても多くの人に読んでもらうために図書館においてもらいたいと思うことがあるでしょう。しかし出版社が売り込んだりするわけではありません。自費出版をして図書館においてもらいたい場合は自分で行動することになります。最も行われている事としては寄贈があります。これは自分の家にある本を寄贈するのと同じです。貴重な書物などであれば図書館からもかなり喜ばれることがあります。図書館としては一応は受けたものは受けてくれると思いますが、誰も閲覧する様子がないものに関しては処分されることもあります。それは覚悟しなければいけません。

自費出版の出版社が倒産した場合

会社が倒産するとき、いろいろな方法で処理がなされます。完全になくなるようにするのが清算処理でその会社にあったものなどは全てなくなります。一方で制限を受けながらも営業を続けることがあります。そして借金などを返済し終えたらまた通常の会社に戻れるのです。別の方法では、会社自体はなくなるけども権利などを別の会社に移すものです。商品の一部は別の会社で存続します。自費出版を出版してもらっていた出版社が倒産した場合にどうなるかです。個人的な自分史のようなものなら特に困りませんが、本格的な小説等の場合はいろいろ問題があります。版権などはその出版社が持っていましたから他社が勝手に印刷などをすることはできません。他の出版社に版権が移された場合はそちらから出版することができます。契約などを再度見直すこともあるので内容を確認しておきましょう。

プロではなく自費出版による欠点の少なくない作品こそ感動ある作品に仕上がることのありあす。自費出版はオススメです。関東方面には担当者が月例出張しています。出版費用は、本の判型、ページ数、発行部数、カラー頁の有無などで様々です。詩・歌・句集、小説、エッセイ、体験記、旅行記、画集、写真集、絵本、自分史、社史、記念誌、PR誌等。自費出版お見積りは無料!